りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

人生のお話

恋愛すれば楽しいって本当かな?

最近のこと 友人A「最近、なにしてんの?」 私「ん~なにしてんだろう」(特に人様に話して面白い話を思いつかなかった) 友人A「好きな人とかいないの?」 私「ん~いないねぇ~」 友人A「好きな人とかできたらもっと人生楽しくなるよね~!恋しなきゃ」 と…

色気のはなし

ナンパ男性の話に関連する続編 ナンパされたので、別日で、お茶をしたあと、メールでお金出すから関係を持って欲しいとお願いされたので、無視をしたら、「お金どうこうでどうにかなる安い女性とは思ってない。ごめんね」とメールがきたのです。 そのメール…

変わらぬ明日と決めつけてないかな

はい、今日もV6の歌詞から。 【ROCK YOUR SOUL】 変わらなしたと決めつけすぎて いつから光を見辛くなった? 変わらぬ自分と諦めすぎて いつから夢とか追わなくなった? と冒頭から、ガツンとくるの。 いつからか多くの人が、自分で自分の限界を決めちゃって…

痩せたからって・・・

私(ボディメイクを学び実践し教えていた)が言うなというお話だけど・・・ 外見を磨くことばかりやってても、女っぷりはあがらない。 姿勢をよくしたって女っぷりはあがらない。 結局は、自分を活かすためのことをするのが大切。 内面も磨く。外見も磨く。 …

勝手に期待して勝手に怒って拗ねて

勝手に期待して、勝手に怒ったりすねたりする人、いるんじゃないかと思うのです。 ちょっと前の自分を思い出すと、「あ、それ、私です~」と思うんだけどね。 私の話を少しすると・・・ 好きな人に好かれるため、相手が心地よくなるだろう(と勝手におもって…

五感をつかっているだろうか

今日、知人とお茶をしていたときのこと 入店してすぐにかかっていた曲が、しばらくたったらかかってきたので「あ、音楽一巡した」と私がいったら、知人が「え?そんなん聞いてなかった」と。 それで思い出すと、ほかの店でも「曲が一巡した」って結構おもっ…

占いに満足してはダメ

決して、占い師さんや霊能者さんを嫌いで批判するのではないのです。 どちらかというと、ここ6年ほどは、同じ手相のお兄さんにお世話になっているし、見えない力を扱う人たちにもお世話になっています。 だから、だからこそ思うようになったのです。 「占い…

見えない力

見えない力ってあるんだな~ 見えない力によっていろんな巡り合わせがあるんだな~ ってすごくすごく思う出来事が。 先日、恩師が若くして亡くなりました。 亡くなった週、月曜日に打ち合わせであっていて。 21日(つまり、明日だね!)は恩師のレッスンに行…

大切な人の死に直面して「生」を考える

大切な人が、突然、亡くなりました。 なんて、ディープな入り方、好きじゃないけれど、ちょっと今日は真面目に。 お亡くなりになられたのは、私にとって、恩師といえる人です。 【少しだけ、その方との馴れ初めを説明いたします。】 私、バリ島でバリエステ…

顔色を伺うということ

顔色をうかがうってなんだろう? そんな疑問から、いろいろと考え、いきついたことが。 そもそも、昨日かいた「空気を読む」ということと合わせて、知人が、「顔色を伺うと空気を読むの違いってなにかな?」という連絡がきたことが発端。 なにかわかったら教…

受身な自分に気がついた瞬間

受身だな、私 そう思ったという私事の話をしようかなと。そんな自分に気がついて、そんな自分だから自分の好きがわからなくなってるんだなってわかったから、自分主導で動くちょっとした行動をご紹介してみようかなと思ったわけです。 「受動だな、私」と思…

好きがわからなくなったので

「こうでなければならない」というのは、社会にでれば少しばかりでも思ってしまうもので・・・ というか、学生のころから人によっては、「学校のルール」や「クラスのルール」や「モテるためのルール」なんかに、はまろうとしたり無意識にはまっていってるん…

好きがわからなくなったので

「こうでなければならない」というのは、社会にでれば少しばかりでも思ってしまうもので・・・ というか、学生のころから人によっては、「学校のルール」や「クラスのルール」や「モテるためのルール」なんかに、はまろうとしたり無意識にはまっていってるん…

ひきこもりのススメ①

アクティブだと言われてきた私が、ひきこもりのススメを書いてみようと思います。 まず、ひきこもりのススメというけれど、ひきこもりっていろいろあると思うのです。 なので、ご注意いただきたいのは、ひきこもりといっても、自室にひきこもって一歩も外に…

気がつけば変わっていた私

最近の朝の挨拶は、「おっはよ~ん」です。笑 あ、私、ただいま家族と住んでいるのですが、物心ついた頃の自分を思い出すと、そんな朝の挨拶なんてできなかった!(というか、してなかった)むしろ・・・朝おきて「おはよう」なんて言ってなかった時期が結構…

理由より直感で選ぼう

子供の頃って、好きになるのに理由なんてなかった気がする。 「これ、面白そう!」 「あれ、好きやわ!」 「ワクワクする!」 そんな感じ。 大人になるにつれて、「理由」を求められたり、求めたり。 「理由がないとダメ」みたいに思い込んでみたりね。 この…

自分を好きになりたくて

自分のすべてが大嫌いで、生きてる価値ないって本気で思ったことが随分とあるんだけど、その時のことをちょっと思い出そうとおもって、今日はふんわりと思い出し作業をしていたわけ(脳内で) 自分の中のこうありたいっていう理想があって、、、いや、「こう…

すか~んとぬけた!

すかーんと抜けた 自分が生きる道を生きるって決めたら、他人の活躍とかに目がいかなくなった 他人のあれやこれやに、ココロがざわつくってのは、わるかぁない!だけどね、自分を生きようと思ったら、自分のことを置き去りにして他人のことばっかり見て、い…

居場所をもつ自由さ

2010年からサロンをもった 数年、サロンを大阪の本町というところでやってもいたんだけど、ぴょんぴょんと跳ね回ることが好きな私は、サロンをもつ不自由さを感じだした。 サロンをもちたいという夢を叶えたから、もう満足だったのかもしれないけれど、ただ…

幸せにしたかったな

幸せにしたかったな~!! そういいながら、カフェで泣いちゃったよ。 過去に大好きだったある人のことは、今だに「なんで好きだったか」がわからないのです。 見た目がタイプだったのかもしれないけど、直感的に興味をもち、すっご~く惚れた。 何年も前の…

気づいた私

仕事用のブログは新しく作った。やりたいことに真っ直ぐになろうっておもってね。 で、自分の過去のことを書いていたのです。自分に自信がなくて、人に嫉妬したりしていたドロドロな自分が大嫌いで! そんな自分が嫌で、綺麗になったら自信がもてて、いい人…

自分らしくってなんでしょう

自己啓発本などで、「自分らしく生きよう!」と書いてあったりします。そして、「よっしゃ!自分らしく生きるぞ!」となんだか思えちゃう不思議。 私も、自分らしく生きる!なんて思ってたときもあるし、いまでもそれはおもっているけど・・・・ え~っとえ…

察して欲しい女 察しない女

「察しない男、説明しない女」という本がありますが、男と女のことではなく、女同士のお話をしてみようかなと。 察して欲しい女性というのは、結構いるものだなと。 素質論という動物占いのような性格診断では、男女関係なく「察して欲しい人」と「そのまま…

好きなことがわからないときは

好きなことがわからない そんなときは、もう「ねばねば星人」の末期なんだとおもった。 社会のルールや会社のルールや、だれかが決めたオンナのルールや年齢のあるべき姿を私たちは、知らず知らずに身につけてしまう。 それが心地いいならいい、 だけど、そ…

常識を知っているから常識を壊せる

先日、テレビをみていたら、赤塚不二夫さんのことやってました! 赤塚さんの漫画を読んだことってないのだけど、いろんな試みを試していたらしい! その一例が、絵と文字を逆にしたり!つまり、吹き出しに絵を書いて、普段は絵を書くところに、文字を書いて…

統計学的占いは信じないぜ!

20代前半、占いにはほとんどいったことがなかったけれど、大阪のある有名な占いの館へいって、占ってもらった。 その時、「その人とは、お互いにNGの干支(的なモノだったきがする)をもっています。だから、あわないですね」といわれた。 いわれてみれば、…

思考・願いはすべて現実化している

思考は現実化する といわれたりしますが、まさに!!なわらっちゃえる出来事が2つ。 ひとつめは、 価格・待遇になっとくいっていない仕事依頼に関すること ふたつめは、 友達に依頼された調査に関すること まず、ひとつめ。 ある人から依頼された仕事の打ち…

手に職を

手に職を持ちなさい これは、いつからか母親が口酸っぱくいっていた言葉。 そして、反発しつづけた。 そもそも、手に職をつけるために、美容師やメイクアップアーティストやスポーツトレーナーの専門学校にいこうとしたら、「大学にいけ」といわれたんだっけ…

女性の生き方

22歳で入社した会社は、テレビCMなどもやっているような会社。 業界で言えば、イマドキの業界だったのかも。 その企業で、企画営業、コンサル営業、提案営業といったような仕事内容を2年ほどし、退職。 その2年の間で、思ったことは、 ・この仕事は私の天職 …

たった一つの正解を求めていないだろうか

半年くらい前に、自分を振り返ったり、友人・知人と話していて、ふっと思ったこと 「たった一つの正解を求めているんじゃないかな」 ということ。 学生時代の試験では、正解は一つだった。 けれど、社会にでると、正解は無数にあって、戸惑ったきがする。 社…