りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

気がつけば変わっていた私

最近の朝の挨拶は、「おっはよ~ん」です。笑

 

あ、私、ただいま家族と住んでいるのですが、物心ついた頃の自分を思い出すと、そんな朝の挨拶なんてできなかった!(というか、してなかった)むしろ・・・朝おきて「おはよう」なんて言ってなかった時期が結構あるような・・・

そんなのはダメやなって思って、がんばって「・・・おはよう・・・」なんて言い出したりもしてたな~!

懐かしい!!

 

私にとって家族は「一番近いのに一番遠い存在だった」んです。腹割って話すこともなかったしね。放任されているようで、厳しい門限やらいろいろあって、勉強しろとはいわないけど、点数悪かったら不穏だったきがする・・・

 

そんなわけで、早く家をでたかったし、息苦しい家のルールから飛び出ていきたくて!だけど、それもできな自分もいて。そんな自分もいやで・・・

なかなか、面倒くさい思考の持ち主やったな~!笑

 

そんなんだったな~って今日ふと思い出すくらい、今の自分と違うくって、自分が驚いちゃった!!!笑

 

大人になったんだよ!というだけのことではなくて、親との関係がガラリと変わったから。

 

親と冗談すら言えなかったしね~。

今は、冗談ばっかりいってるかも。

親は厳しくて完璧で、怒らすと怖いという印象。

褒めてくれるわけでもなかったしね。

大切にしてくれているからの行動だと今はわかるけど、当時は、「なんじゃこの親!」と思ってた。

友達からは、「優しい両親」だとか「いい親だ」とか言われてたけど、「え~~!!!」と思ってたし!笑(ごめんね、とうちゃま、かあちゃま)

 

親との関係って、人間関係の基本だと思う!だから、関係性を変えよう!って思いだしたころに、松永真樹さんという少しぶっとんだことをする男性と出逢い、彼のつくった「両親の日」にする「サンクスイベント」(だっけ??)を見に行かせてもらった時に、親に「産んでくれてありがとう」って私も伝えよう!と思ったのよね。

 

それが27歳かな。28歳かな。(その時は、ちょうど家をでてて、親のありがたみも痛感しだしたときだった)

そこから、少しずつ家族との関わり方が、縮まっていってね~。

 

従兄弟のおねえちゃんが父親と会話してるのをきいて、「父親、楽しそう!家ではみたことない会話のはずみっぷり」となんだか、妙な気分になって、ちょっと反省したのよね。

「しょうもないオヤジギャグをスルーしてごめんちゃい」って。笑

今では、「オヤジくさ!」とかいうんだけど、昔は、「。。。。」だった。

 

人って変わるね。

最初は、ドキドキするし、小っ恥ずかしいけどさ、慣れれば普通。

どんな自分でもOKと自分を認めだしたのも大きいのかなと思うよ!

 

けど、そろそろ親が、「稼げ」と言ってるので、私はワクワクしながら稼ぐことにするよ!