りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

モヤモヤと

やりたいのにやれないな~

 

そんなことってある。

 

そのサイクルにはまることも。

 

そういうとき、本当にやりたいことじゃないこともあるし、「私はどうせむり」っていうフィルターがかかっていることもある。

 

今の私はどっちかな~

 

そんな風に自問自答してみたり、そこに意識をむけていると「あ~そういうことか」っていう何かヒント的なものが目の前にあらわれる。

 

 

結局、なにに意識をむけて生きているかによって、人生っていうのは彩られていくんだろうね。

 

 

人の嫌なところばかりに意識がいっているといろんなものが「どすぐらく」

楽しいことばかりに意識がいっているといろんなものが「はなやいで」みえる。

 

どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、そういうものなんだろうね。

 

人の悪いところばかりみようと意識しているのって、しんどいからオススメはしないけれど、楽しいことばかりを夢見て足元フンワフワだったら、いつかズドーンと「地に足つけろ~」ということも起きる(ときもある)

 

だから、どっちがいいとかじゃない。

自分がどういう色を彩りたいのか?を決めること

そして、今そのための色に意識をむけているか?が大切。

 

例えば、情熱的に生きたいから赤!とイメージしていたとしても、現実は人の悪口とか妬み嫉みばかりだったら、赤になる行動とはかけ離れているよね!っていうこと。

 

人の悪口とかが悪いわけじゃないよ。

言いたくなることもあるかもしれない。

だけど、本当に描きたいものがあるなら、そんなことに自分のエネルギーを注ぐより、悪口をいいたくなる相手をみて「なんで、こんなに悪口がいいたくなるんだろう?」って観察してみるのもありなのです。

そして、「あ~そっか!」なんてなれば、そこのループから抜け出れたりする。

 

決して、「悪口をいってはいけない」「人を妬んではいけない」というものにとらわれて、そういう自分の感情を抑えるのにエネルギーを使わないでね。

あ、使いたかったらつかってもいいけれど。

 

悪口をいうエネルギーも、抑えるエネルギーも、自分のもっているエネルギーを消費して、本当に注ぎたいところにエネルギーを注いでいないのって、もったいないよね!