りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

10代では気がつけなかった「愛なんだ」の歌詞のすごさ

2015年にV6のことが10年ぶりくらいに気になりました。

中学生の時、J-FRIENDSやKinKi-KidsやV6がお気に入りで「キャーキャー」言ってたんだけど、V6の曲はあんまり聞いてなかったような気もしていて。(今思い返せば)

 

KinKiの曲の方がたくさん聞いていて、V6に関しては「剛(ごう)くん、かっこいい」と真剣に思っていたし、好きだった人がなんとなく、不良ちっくだけどわらったら可愛いみたいな人だったし、それでリンクして、ドキドキしていたような気も。

 

そんなわけで、「愛なんだ」もなんだかよくわからんな~愛の歌か~くらいの感覚でした。(きっときっと)

 

だけど、32歳になり「愛なんだ」の歌詞が、「あ~~深い」と思うのです。

 

特に最近お気に入りなのは、

 

きっとここから愛なんだ

はじめることが愛なんだ

傷つくことを恐れちゃ

だめだめだめだめだよ BABY

つらい時でも愛なんだ

できることが愛なんだ

 

(中略しまくり!で2番は、)

 

きっとここから愛なんだ

はじめることが愛なんだ

ふりむいてばかりいちゃ

だめだめだめだめだよ BABY

きっと涙も愛なんだ

ほほえみもそう愛なんだ

 

なのです。

 

 

昔は、歌詞もちゃんと聞かず「恋愛の歌か」とおもっていたのです。

でも、恋愛の歌じゃなくて、もっともっと大きな愛の歌でした。

なにか特別なことが愛ではなくて、今自分ができることが愛だし、つらいことすらも愛だという。なというか、この瞬間に「愛はある」というような歌詞。

 

そんなふうに思えないよ!と心が荒んでいるときは思ってしまいそうなほどの大きな愛の歌でした。

 

 

この歌詞を口ずさむたび、「よし、はじめよう」とおもうのです。

挑戦をして失敗をしたり恐れを感じたりすることを怖がらず、進もう!

 

そんな応援の歌で、シンプルなのに深いな~!とってもすごいな~~~~!!!

と思うのです。

 

個人的な感覚なんだけどね^^

 

 

よし!まだ見ぬいろんな誰かの為に、一歩ふみだそう!

きっと、だれしもが、今できる何かをすることが誰かのための「愛」となるのでしょう。

 

※10代の私よ!!しっかりと歌詞、読みなさいよ! と言いたい(^O^)

というか、思い出した!!!基本的に、剛くんと健君のラップ部分しか聞いてなかったのかもしれない。でもって、剛くんばかりみてたから、特にトニセンがカメラに映ったとき、「も~~なんでこの人たち映すのさ!」と思ってました。ごめんなさい。今はそんなこと微塵もおもいません。