りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

パートナーをつくるステップ(個人的なものです)

「よし!パートナー(彼氏・旦那)をつくろう!」と思ったとき、私にはどういうステップが必要かな~と思ったので、書き記しておくことに^^

 

 

まず、私にとってのパートナーは、「応援しあえる存在」であることが条件。「お互いが一番のファンでいること」っていう言葉であらわすのも好き。共に一緒にいることで強くなれるってのがいい!だから、私の感性や価値観を理解してくれる人じゃないと無理だなと思う。

 

では、まず、パートナーなりをつくるにあたり、

①出逢う

②相互理解

③好きになる

④想いを伝える

④つきあう

⑤対話を積み重ね良きパートナーに

が必要。

 

 

じゃ~、まずは①の出逢うところの話を。

出逢わないとはじまらない。

だからといって、誰でもいいわけじゃない。だから。どういう人と出逢うかが大事。

人の出逢いは、“なにか”共通するものがあるから出逢うことが多い。

この”なにか”というのがと~~~~っても大事!!!類は友を呼ぶだからさ、この“なにか”は“類”なんだろうな~と感じます。

 

目には見えないけれど存在しているその人の放つ雰囲気であったり、生き様だったり、価値観だったり、感性だったり。

 

常識的に生きることも大事だけれど、私の場合は、常識という枠や人の目というものを気にしすぎて生きるよりも、自分のど真ん中になるもので生きていると自分にぴったりと合うパートナー候補さんたちとの出逢いが生まれてくるのだと直感的に思っています。

 

ということは、自己理解や自己認識をしっかりとしていたほうがいい。

自分の好きや嫌いや心地いいなんかを置き去りにして、人の波にのっかかって流されて流されて生きているとそのうちに、「あれ?なんか気持ち悪い。居心地悪いな。私、どこむかってんだ!?」となるから。

 

 

それに、自分のど真ん中で生きていると、いい雰囲気を放つから、それに魅力や色気ってものがでてきて、「魅力的な人だな」と思ってくれる男性が現れるのだとも思うのです。

 

②の相互理解と③の好きに関しては、同時のときもあれば逆の時もあると思います。

私はパッと一目惚れすることが多かったので、同時だったかな。

その人の放っている雰囲気を察知(認知)し、「あ~好きだな~」と。

言葉を交わして「やっぱ好きだな~」と。

 

相互理解って言葉かたいけど、「言葉をかわす」とかそんな感じ。相手の存在を認知するっていう感じも含みます。最初は知人や同僚だったけど、長く付き合うことで、相手のいろんな面を知り好きになることもあるし、恋愛はいろいろですから、順番通りなんてないと思っています。

 

 

どちらかが好きになって、思いを告げたり、両想いだったりして、付き合う。

で、付き合うのがゴールでもなく、結婚がゴールでもなく、お互いがお互いを対話を通じて成長していったり、譲り合えたり、そういう風にしてパートナーとなっていくんだろうな~~~

 

 

と思うのです。(いま時点で。)

 

あ~自分の道を歩こう!!!