りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

ゲストハウスで働いてみた

インバウント時代ってことで、ゲストハウスで働いてみた!(嘘!インバウンドだからとかじゃなく働いてみた)

 

ーそもそもゲストハウスってなにさ?

大雑把な説明をすると「簡易宿泊施設」。ホテルや旅館のように個室があるゲストハウスもありますが、ドミトリーという共同部屋で1室に2段ベッドがいくつもあって、知らない人と同じ部屋で寝るというもの。

お風呂も共用でシャワーのみの場合も多し。

食事はなく、安く泊まりたい人にオススメ。(朝食つきのところもあるようです)

宿泊料も安いので一人旅やバックパッカーには好まれます^^

旅先での出逢いや交流を楽しみたい人にもオススメな宿泊施設なのです。

 

実際、働いてみると、いろんな国、いろんな職業の人がいろんな理由で宿泊されていて「あ、そういうライフスタイルなのね~~」なんて思うことも!

ちなみに、ゲストハウスと言ったり、ホステルと言ったり、バックパッカーズと言ったり、呼び方はいろいろあるようですが、ざっくりまとめると「簡易宿泊施設」。

 

 

ー実際に、働いてみてどうやった?

少し上でも触れましたが、いろんなゲスト(宿泊客のことをゲストと呼ぶ)が宿泊されていました。海外の人も多く、海外の人のライフスタイルに驚いたり、海外の人の性質に驚いたり。

一方で、日本人の利用も多く、旅行目的の人が多い中、就職活動生にもご利用いただいていました。

 

少しの間だったけど「あ~~~楽しかった!」という言葉につきます。

言葉の壁、文化の壁などもあり、“あわあわ”したことも少なからずあるのですが、それすらも面白かった。日本にいたら知らなかったであろうこともいろいろしれたり。

外国人用のSIMカードのことに少しだけ詳しくなったり、、、笑

海外輸送にも少し詳しくなったり。

 

ーゲストハウスで働くためのスキルは?

「対人能力」「柔軟性」が必要なんだろうなと思います。もちろん、外国語の能力もあったほうがいいですが、いくら言葉が話せても、対人力がなければ宝の持ち腐れ。

「対人能力」ってどうやったら上がるんだろう?と考えた時期があるのですが、「想像力」があるかないかがポイントなのかな。

 

「これをしたら相手は喜ぶだろうか」

「私だったらこれをされたら嫌だな」

「こういう場合、私だったらどうだろう」

こういう視点でゲストと向き合っているかいないかで、ゲストからの評判はかわる。

 

「今日はしんどいから、適当に説明しよう」なんていう気持ちになることもあるだろうけれど、それって自分しか見えていないし、結局は「あのスタッフ態度悪かった」とクレームになって自分に跳ね返って戻ってくる。

どんな仕事でも「想像力」は大切なのだろうな~と思います。

それだけではなく、ゲストハウスで働く上で「旅経験」はあったほうが話は盛り上がりやすいですし、相手の話を引き出すというスキルもあれば、一緒に旅に行った気分にもなれるだろうし面白いものです^^

 

 

あとは、PCスキルは必要な気がします。

「これ、印刷して欲しい」と言われることや、「調べて欲しい」と言われることも。

それだけじゃなく、なにか資料を作るにしてもPCを使うことが多いので。

 

 

ーその他、働いてみてどうだった?

「旅をする」経験をした過去があり、「旅人を迎え入れる」経験ができたことは有意義だったように思います。

旅先で出逢う人も面白かったけど、同じ何かを持っている人と引き合うことが多かったように思います。

いざ、迎え入れる側になると、「違う何か」を持っている人と引き合うことも多くて。

旅人と旅人という立場ではなく、ゲストとスタッフだからこその関係性もあったり。

自分の住んでいる国に興味を持ってくれるありがたさもありました。

旅好きの友人が「ヨーロッパからみたら、日本なんて、極東の極東よ!そんな国に興味持つ人って、変わりもんだとおもうわ」と言ってましたが、「たしかに一理ある」と思うのです。

小さな国にきてくれてありがとう!そんな気持ちと、「郷に入れば郷に従えだぞ」と想う気持ちも。

 

そんなこんなで、ゲストとの会話なんかはいい経験でした。

 

 

スタッフもいろいろとあり、「人生いろいろだ~」と思うことも。

一緒に働く人には、ある程度の「社会人としてのマナー」は抑えていただきたい!というのが自分の中にある気持ちだとしれたのも収穫でした。

 

自由に生きているつもりでも、きっと私は自由じゃないんだな~と。

規則規律を知っているからこそ、少し外れることをしているんだな~と。

 

あとはね、「やるならやれ!」「やらないならやめろ!」と白黒ハッキリした性格な自分がよりくっきりと。「できるできない」の前に「やる気があるなし」は重要です。

 

ただ、働く目的は人それぞれ違うから、「全力で仕事しろ~」なんてはおもわないんだけど、「最低限、やることやろうぜ」という仕事モードの鬼のような自分がまだまだ腹のそこに棲んでいるようです。

 

とはいえ、私も、ゲストと話にきたのか、働きにきたのかわからない状態で仕事はしていましたが(*゚▽゚*)

 

あぁ、まとまりがなくなった!笑

 

 

そんなこんなで、「成長」がしたくなったので、ゲストハウスで働くことを終了したのでした~~~~!!!!

 

さぁ、次はどうする?