りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

いつもと違うアクションを

いまに満足していないなら、なにか変える必要がある

いまの自分に満足していないなら、なにか変える必要がある


そんなことを昔は強く思っていた気がします。


自分にとにかく満足していなくて、欠乏感を常に持っていた気がする。


ここ数年は欠乏感をもっている意識はなくだったけど、いまが理想か?と聞かれると「ノーーー」となるわけで、そんなことを考えていたときに、しいたけ占いで、タイミングが合わなかったですませばいいから、自分のやりたいことなどを発信することが大切と書いてありました。


ってなわけで、いつもは用件だけのメールですましちゃう相手に「また会ったときにでも近況とかきかせてね」って伝えてみたら、なんだか会えそうな流れにー!


いま、人にあって、いろんなことを吸収したいから、あって話きけたらいいなー!


いつもと違う行動をすることで、意外と「あえるんだ」ってなるなーと発見した。

心がもとめるものを

おひさしぶりです。

 

特に、心の叫びもなく。仕事場でのあれやこれやの面白い話もあるのですが、文字にする気がおきずでした。

 

ここ最近、「自分の心が死んでるんじゃないか」と思うことが多く、「こりゃ~ダメだな。惰性で生きてる!!!」と気づいたわけです。

 

漫画読んだり、おっさんずラブにはまったり、今月からの怒涛の舞台&コンサートにワクワクしたりしてる人生を本当に望んでるのか?と自問自答してみたわけです。

 

こんな言い方がきらいな人もいるかもしれないけれど、「魂がそれで喜ぶのか?」「本当に魂が喜ぶことに私はむかっているのか?」と思いまして。

 

24歳の頃、「私の人生、このままでいいのか?」と思って自分と向き合ったことがありました。

 

 

その時と同じように、「私の人生、このままでいいのか?」というか、「私、このままでいいのか?」と真剣に思いました。

 

 

思い起こせば、小学生のころから大学生までは、「こんな私はいやだ!!」と常に自分と戦っていた気がします。

 

 

あるときから「もって生まれた自分で生きる」ということをするようになっていたので、変な自分との戦いはしなくなったものの、変な安心感で最近は生きていたように思います。

 

 

まぁここ数年、自分で処理できないいろんなことがあって、人間関係をいったんストップさせてたことを思うと、「今の自分では満足しない!」という欲求や焦燥感のようなものがでてきたのは、個人的には喜ばしいこと!

 

 

ってことで、しいたけ占いの下半期を一足早くよんでみたら・・・・

「うわ~~~~~、なんじゃこりゃ、あたってるやないか~い!」となりまして。

 

 

本当に自分がやりたいことをやる!

 

この想いをもつことは、流れ的にあっていたのだなと。

 

そのためのこの半年だったのかと妙に腑に落ちたのでした。

とはいえ、この半年のすべてが満足できるものかといわれると、「もっとできたんやないか!?」と思うこと多くなのです。

 

 

24歳の時、ブッ倒れそうなほど(実際に、ぶっ倒れるように玄関で寝たこともある)働いたあと、布団の中で「どういう人生にしたいか?」と考えながら寝ていたら、ある日「これだ~~~!!!」とひらめいたのでした。

 

 

そのときのように、もうしばらく自問自答をし、直感ででてきたことを行動にうつしていきたいとおもうのであります!!

 

 

実は、恋愛面でも、心から望むものって大事だと思っていて、その理由は一番好きだった人とのことなのですが、20代前半までの私は「女は40歳まで!太く短くいきる!」と本気で思っていました。40歳からはもうだめだとおもっていたのです。(今の私は、そんなことはおもわないのだけど、なんでかおもっていたのです)

あと、40歳になったら田舎暮らしをする~って思っていました。だから、せっせと稼ぎまくるぞ~!みたいにおもってました。

 

そんな20代前半で知り合った彼は、「40歳になったら田舎暮らししたい」「30歳になるまでに結婚できなかったら死ぬ」って良く言っていたのです。

 

その想いすご~く共感して、「あ~似てるな~」なんて思っていたものです。

 

他人や世間にとっちゃ「へ~~(あほらし)」「それもいいね」「なんのこだわり!?」なんて想いでも自分にとっては心からの渇望みたいなものを共感しあえるって、私にとってはなんだか大切な気がするのです。

 

そのためには、まずは自分を知らないとね!

ってなわけです^^

 

 

話がいったりきたりしましたが、ただの日記のようなつぶやきのようなものなのでお許しくださいませ。

 

 

今日もお付き合いありがとうございました~!!!

 

 

 

守りすぎて失った恋愛②

守りすぎて失った恋愛について書こうとしたら怪我してPC打てなくなっていたのでや~~とかきます。

 

 

過去の自分の恋愛を振り返っていたときに、「あ~~守りすぎて失ったんだな」ときがついたのです。

 

 

私、好きになる人は基本的に、「あ~この人と一生どんなかたちでもいいからつながっておきたい」と思う人が多いような気がします。

 

 

だから、友達でいたほうがいい気がしていたり。でも、結局は、友達ですらいれなくなってる・・・遠方にいったり、結婚したりして、なかなか会えない。そんなことになるくらいなら、欲しいものはしっかりと手に入れなきゃいけない!!!という教訓になってます。

 

 

なんで友達でいたほうがいいって思ったかというと、自分の思考パターンに「恋愛はいつか終わるから、そうならないほうがいい」なんていうのがあったのかもしれないな~と。

 

 

好きになった時点で、失うこと前提って・・・冷静につっこみたくなっちゃうんだけど、真剣に思っていた気がします。(無意識の領域が強いけど)

 

失いたくないから、一生の友達でって思っていたはずだけど、一生の友達になれる関係性を作ってこなかったのも事実で、やっぱりどこか自分を守っていたんだな~と思うのです。

 

というのも、自分に自信がなくて、「私なんて」という腐った根性があったもんだから、男女問わず「本当の私を知って嫌われたくない」と思って相手のことを考えるよりも自分の保身のために、いい人でいようとしたり、相手に踏み入れれなかったり、こっちに踏み込ませないようにしたり。

 

それが恋愛となると、頭がこんがらがって気持ちも高ぶるもんだから、コミュニケーションがこんがらがって、変にフランクに接してしまったりして、うまくいかなかったな~と。

 

 

プライドばっかたかくて、傷つくの恐れて、空回ってバカみたいだわ、私。

 

 

ただ、一番好きだった人に「一緒にいて一番楽しかった」と言われたことは幸せの極みで、でもそれじゃ~選ばれないってのも事実で。自分を守るばっかりで、相手が恋愛や結婚になにを欲していて、私がそれを提供できる人間だよというのを日常で伝えられなかったのが敗因だな~と。あとは、年上だったから、相手を立てようとしていたけれど、そんなものは望んでなかったのも後日知って、「あ~私、相手みてなくて、一般的な男性を相手にあてはめて動いてただけで、相手との関係性構築できてなかったんやな~」なんて何年もたってから反省したものでした。

 

結局、自分ばかり見て相手見てない恋愛も結婚もうまくいきっこないんじゃないかしらね。

 

な~んて言えるほどになったので、この経験を活かせばいいわけなのですが。。。。

 

 

恋のセンサーが壊れているきがする今日このごろ。もしくは、スイッチどっかいっちゃった。。。笑

 

 

余談にはなるのですが、昨日、相当よっぱらいながら歩いていて気がついたのは、「あ~~~~最近、心ひらいているようで、閉じているんじゃないか??閉じることが当たり前になりすぎて、閉じてるって感覚すらなくなってるんじゃないか?」と。

 

 

なんでそう気づいたかというと、「この人なら私のことわかってくれるっていう人があなたにとってのいい相手」と言われたことを反芻していたら、「あれ??私のことわかってくれるって・・・私のことわかってくれるとかわかってくれない以前に、私、なにをわかってほしいの??それすらわからんやん!!あれ、心開いてるつもりだったけど・・・開いてない??心ひらくってなに?あ~れ~~」と酔っ払って全身真っ赤になった私は、もやもや~~っと思ったからでした。

 

 

まぁ、そのあとの特別悩むわけでもなく、、、何を考えていたか記憶がございませんが、お風呂入って、勉強中のことを調べて、バッタリとお布団にはいって爆睡したのだけは確実~~。。。。笑

 

 

 

 

 

 

帰らないで

男友達に「帰らないで」と言われたのは2度目


1回目は、本気で好きだった彼女にふられた後の男友達


2回目は、外国人


あれ?外国人に言われたのは何回かあるか??まぁ、友達ってほどでもない人だったからノーカンで。


にしてもよ、1度目は仲良かった男友達だったし傷心しまくりだったからさておき!


2度目の彼!


「おいおい!モテる男はサラッと出てくる言葉がちがうぜー」と心のなかで叫びました。


むかーしむかし、外国人と日本語でコミュニケーションをとってたのに、口説くときに英語使ってくるの!それがなんだか若かりし頃だったからクラーーっときたわけ!
セコイセコイ!!とにかく、そういう使い分けうますぎよー!なんて、心のなかでつっこんだものでした。


そんなことを思い出すほど、サラッと出てきた「帰らないで」発言!



みんなでワイワイして楽しすぎての発言で他意はないのはわかってるけど、モテる男は違うわーー


日本人じゃないってのもポイントなのかしらね。



そんな冷静なことを思う私。女子力無さすぎよね(゜ロ゜;


反省した、、、



キュンとかすればよかったのーにーーーーー涙。


恋するスイッチどこいったんやろ。

自分をまもりすぎて失う恋愛

についてかこうと思ったけど

 

 

人さしゆび負傷のため、PCで文字打てない・・・

 

 

ので、今度詳しく書きます

 

 

 

今日、なんとなく、昔の恋愛やここ数年の自分をふりかえってみてきづいたのが、「あ~自己防衛がこじらせたな~」でした

 

 

あたいのばかやろーーーー!!!!笑

 

 

過度に自分をまもることで、逃すことって恋愛にかぎらずあるな~~とおもいます

 

 

 

キー打つのここで限界・・・今日はここまで~~~!!!

変わらないことはいいことか

記憶がある範囲でいえば、6歳くらいから知っている1歳下の幼馴染の男の子。

 

 

というか、彼ももう30代だから男性だけど。

 

そんな彼とばったり遭遇。

 

「かわらんな~~~」と言われた。

 

素っぴんでいたのもあるが・・・

 

 

かわらんって!!!!!!

 

いいのか?

 

 

とふいに悩む33歳。

 

 

体型もほぼ変わらないからね~。

 

 

変わらないと言われて嬉しいような、悲しいような。

 

大人の色気、でてもいいよね・・・とほほ。

 

ちなみに、「老けないよう頑張ります!」っていったら、「無理やろ!」とつっこまれた(。-∀-)

 

まぁ、無理だわね。

 

 

彼に「俺は?どう?変わった?」ってきかれたから、「うん、大人になったね」といっておきました。

 

 

体型とかはかわらんけどさ、歳の重ねを感じたよ。

 

 

そんなこんなで、「目指せ!三宅健くん!」なんて思ったのです。健くん、美しい。

健くんのように美を保てる男性って、なかなかいないよね~、健くんをみなれちゃうと、危険だ!!と思うGW。

 

 

 

許容範囲

人と接することで、自分の価値観がみえかくれする

 

どこまでが許容範囲なのか

どういうふうになるとストレスがないのか

何を大切にしているのか

そして、そのこだわりは本当に必要か?

そのこだわりが、人生を狭めていないか?

その対応や反応が人生を狭めていないか?

 

そんなことをよ~く感じました、今日。

 

会う約束から当日の合流までの許せんる範囲と許せない範囲が自分の中であるときづく出来事が。

 

 

ちなみに、

《許せる》

★待ち合わせる日にち・時間・場所がきっちりと前日までに決まっている

★待ち合わせる日にち・時間はきっとりと前日まで決まっており、場所は、ざっくり

★待ち合わせる日にち・場所はきっちりと前日までにきまっており、時間は、時間帯が決まっている

★待ち合わせる日にちは、前日までに決まっており、場所も時間もざっくりしており、当日に連絡を蜜に取り合って落ち合う

★会う約束を当日にし、時間はざっくり、場所もだいたいだけど、蜜に連絡を取り合える

 

そう、つまり、コミュニケーションがしっかりと取れる関係性なら、当日でもざっくりでもいい。(忙し過ぎる場合は、前日までに決めておきたい派)

 

《許せない》

★待ち合わせる日にちは前日に決まっており、場所も時間帯もざっくりはきまっているものの、当日、連絡がマメじゃない。

 

 

ちなみに、外国人と待ち合わせしていたのですが、5月2日11時~16時まで某所にいるから、会えないか?というお誘いを何日か前に頂いたのです。

 

で、私の予定が前日までどうなるかわからなかったので、その予定が決まり次第、「雨じゃなければいきます」と連絡。

 

この時点で、私も曖昧すぎるのですが、「今から行きますが、いますか?」と連絡したところ、今から向かいますなどと連絡があり、結局11時にいると行っていたのに、11時30分頃から音信不通。

 

たまに、時間だけ送ってきたので、「その時間は何?」と聞いても既読もつかない。

 

電話をしてもつながらない・・・

 

なぞに送ってきた時間になってもこないので、「帰ります」と送ったら、既読になり「今ついた」と。

 

 

しか~し、私、雨降ってきたししんどいしで、帰りました、、、

 

 

そもそもやりとり自体、曖昧すぎたんだな~と反省。

 

 

私、待てる人間じゃない!(というか、ものすご~く疲れてたみたいで、家帰ったら爆睡しちゃったから、待つ余裕はなかったとも思う)と気づいた。

 

 

待てる人間じゃないから、それを把握した上で、事前に自分がストレスを感じないように相手の予定などを聞いとけばよかった。

 

 

そういえば昔、カナダで友達と待ち合わせをしていて、一向に待ち合わせ場所が見つからず、友達も見当たらず、ガラケー時代なので連絡をとるすべもなくだったので、宿に帰ったら、友人から「待ってたよ~」と連絡が・・・4時間待たせた・・・

 

 

あぁ、私ってなんだかんだ自己中だ、19歳の頃から変わってない(゚ロ゚)

 

 

これが、人とのご縁をバスっときってしまう原因にもなるので気をつけたいところ。

 

立ってるのもつらいほど疲れすぎたら、いろんなことがどうでもよくなっちゃうもの。

 

 

心にも体にも時間にも余裕を持っていたい!!!