りんごのアトリエ~自分の人生をデザインする~

今日のこと、過去のこと、自分のこと、未来のこと、趣味のこと、仕事のこと、31歳にして久々にmixi的にブログを開始^^

トラウマ

「風邪は気のもんじゃ!」という気持ちと、「私、風邪ひくことあんまりない」という傲りをもっていた数年前、夜中に39度まで熱がでたものの翌日の仕事は休めないため(ブラック会社だった)、病院も薬も嫌いだから自力で熱を下げたのです。

 

 

が。。。。翌日から、喉の調子が悪くなり、しまいには仰向けで寝ると咳き込んで眠れないという事態に。

 

それでも仕事にいっていたら、ある姿勢をすると咳がとまらなくなる→でもその姿勢必須→息止めて仕事→限界→席を外し咳き込む→仕事にもどる→息止める→・・・・のエンドレスをし続けていたらついに、「病院行け!」と言われ、やっと病院にいったのが熱をだしてからちょうど1週間後。

 

レントゲンとられ、血液検査うけ・・・と大掛かりに・・・

 

 

結果、「肺炎でしたね~~~」と。「38度の熱こえたら普通じゃないんだから病院来なさい!」と怒られた。。。

 

 

1週間後、血液検査の結果もでて、「百日咳」と「肺炎」と確定。

 

 

肺炎で死ぬってすごくわかる・・・仰向けになってると息できなかったから死ぬかとおもった。(それで2、3日、やりすごした自分が恐ろしいが・・・)

 

息ができない苦しさがどんなんだったか思い出せないけど、「味わいたくない」という想いは強く残っているため、ちょっとした咳がでると「病院にいかなきゃ」となるのです。。。。

 

が、今回は、ちょっと我慢してみようかと。どうなる、私!?

 

ちなみに肺炎の時は、最初の喉の痛みは、鼻と喉のあいだくらいだったのだけど、日に日にしたに下がって、気管支が燃えるように痛かった・・・

 

なぜ、病院にいかんかったんやろう・・・自分がナゾ・・・

 

気管支の燃えるような痛みも、えげつなかったな~~~~

 

と、今だから笑える話だけど、風邪はあなどっちゃいけません!!!